重版出来!


※「重版出来(じゅうはんしゅったい)」とは出版物を再度刊行しなおすこと、重版ができあがること


ということで、皆様こんにちは!

突然ですが、私はAmazonPrimeでよくドラマや映画を観ています。
最近は動画配信サービスも一般化していますし、見逃し配信なども当たり前の世の中になりました。
サービスによってはCMも殆どなかったりしますし、観たいときに観たいものを見られるというのは、便利で快適なものですよね。



そしてそんな先日のことなのですが、黒木華さん主演の【重版出来!(じゅうはんしゅったい)】という漫画原作のドラマを観て、面白くて一気見してしまいました。
こちらは野木亜紀子さんが脚本をされているのですが、漫画原作もの・オリジナルに関わらず素敵な脚本を書かれる方なんです。
他では『ラッキーセブン』『空飛ぶ広報室』『図書館戦争』シリーズ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』なども野木さんが担当されています。
いずれかの作品がお好きだという方もいらっしゃるのではないでしょうか?



『重版出来!』は週刊漫画雑誌の編集者が主人公で、漫画家の先生や編集部同士、営業部や書店店員との話なんですが、毎話涙腺を刺激するような話が多くてそれはもう温かくて…!
弊社『宮崎紙工印刷』は名前の通り印刷会社ではありますが、制作部という部署もあり、そこでデザインを考えたり原稿を作成したりなどして、お客様の考えを形にしていきます。
『〇〇のポスターを作りたい』『会社のロゴデザインを考えてほしい』『こんな伝票を作りたい』…
勿論お客様が違えばその要望も多種多様で、同じものは一つとしてありません。
そしてそれらをお客様と直に相談したり、制作部とお客様との橋渡しをするのが、私達『営業部』のお仕事になります。
つまりはドラマ内でいう『営業部』『編集部』の両方を一部担っているということですね。



他にも、華さん演じる心ちゃんが、締め切りを超えた原稿を『製版部』に待ってもらいながらダッシュで届けにいくという場面があったりと、
どこか身に覚えがあり胃が痛くなるような光景も…笑
今度は原作の方も読んでみたいな~と思いますし、人にもおすすめしたくなる素敵なドラマでした!

皆様も機会があれば、是非原作やドラマをご覧になってみてください♪


※写真はフリー画像をお借りしました※